すずかのぶどうロゴ SITEMAP HOME
 ぶどうについて  市民情報ネット ぶどう通信  リンク  お問い合わせ
以下、サブコンテンツ

  ぶどう通信
以下、内容

   ぶどう通信


  すずかのぶどうの活動を通して皆さまに情報を発信していきます。
平成18年2月1日
発行:NPO法人 市民ネットワーク すずかのぶどう  NO:57

 
教育と福祉
                    教育と福祉
  学習障害をサポートする特別支援教育と授産施設をつなぎ、ツールを製作・販売することになりました。
  すずかのぶどうが発売元の初めての製品です。
                
三重県学習障害(LD)児・者親の会「ハナショウブの会」で発案された、
「ぷにょん」(写真)の製作と販売を「(特)特別支援教育サポートセンター」を通じて全面委託されました。
「ぷにょん」は、手指の微細運動の発達を促進する器具です。
製作は今現在、(特)特別支援教育サポートセンターからの講演会等で販売する分の発注を、四日市の「わかば共同作業所」に50個〜100個/1ヶ月のペースで依頼しています。
作り方に少し工夫のいる箇所があって、「わかば共同作業所」の利用者のみなさんで製作するのは困難なようなので、指導員とボランティアの方で製作しているのが現状ですが、なるべく早いうちに利用者のみなさんで出来るようになっていただいて、そのやり方を参考に他の作業所でも出来るようになれば、発注数が増えた場合にも対応できるので「わかば共同作業所」の方々には頑張っていただきたいと思います。



新規参加施設紹介

12月からB-チャレンジin白子に「ふっくりあハウン」の組紐製品が並ぶようになりました。普通の組紐とは違った鮮やかなデザインの製品なので、以前から並べたいとは思っていたのですが、機会ができたので出品を頼んでみました。
「ふっくりあハウン」は、上野ひまわり作業所の系列施設で、伊賀市緑ヶ丘(旧上野市)にあります。
組紐製品の他にパンづくり(食パン・バターロール)をやっていて、小学校給食等の主に調理用としての販売が中心ですが、施設内には販売のできる喫茶スペースもあるので、「将来的には喫茶スペースを活用して、様々な菓子パンを作って販売していただきたい。」と頑張っています。



当サイトは内容の無断転載・複製・コピーを一切禁止しております