すずかのぶどうロゴ SITEMAP HOME
 ぶどうについて  市民情報ネット ぶどう通信  リンク  お問い合わせ
以下、サブコンテンツ

  ぶどう通信
以下、内容

   ぶどう通信


  すずかのぶどうの活動を通して皆さまに情報を発信していきます。
平成18年8月1日
発行:NPO法人 市民ネットワーク すずかのぶどう  NO:63

 
ICT講習
               ICT 講 習

   ICTとは、Information and Communication Technologyの略で、情報通信技術を表す言葉。
日本ではIT(Information Technology)が同義で使われているが、ITに「Communication(コミュニケーション)」を加えたICTの方が、国際的には定着している。
日本が目指しているユビキタスネット社会では、ネットワークを利用した多様なコミュニケーションが実現するとされており、情報通信におけるコミュニケーションの重要性が増大している。そのことを踏まえ、これまで総務省より出されていた「IT政策大綱」が、2004年度より「ICT政策大綱」に名称変更されている。
(2004年12月10日)         
電子政府・電子自治体情報チャネル CyberGoverment Online から

  鈴鹿市の場合、今年度から地域情報化推進事業のIT講習部分がICT講習に変わりました。
  すずかのぶどうが鈴鹿市と協定を結び、地域情報化推進事業として活動している図書館・公民館・市民館などでのIT講習も、ICT講習と呼称が変わります。 しかし講習内容が大きく変わるわけでなく、あくまでもパソコン初心者の方々がパソコンを覚え馴染んでいただくことが主目的で、メール・メーリングリストの活用部分は、基礎講習2で教えています。
  なお今年からはセキュリティの資料を作成し、基礎講習2でお渡ししています。

  さて、「戦略1」(国の施策)からお手伝いして6年、受講生の人数は年度により増減はありますが、初心者向けの基礎講習1が一番人気があります。 動機としてはお子さんやお孫さんから古いパソコンを貰った、離れた土地に住む子どもや孫とメールをしたいなどほのぼのとした理由から、超現実的「株取引」をしたいなど様々です。傾向としては高齢者に広がりつつあると実感しています。

 図書館でのICT講習のパソコンが新しくなりました。
  今月、8月の図書館でのICT講習に使われるパソコンが新しくなりました。
  OSはXp、ソフトはoffice 2003 とこれまでと変わりませんがメモリーが大きくなったので快適にお使い頂けます。台数は講師用を含めて11台で、10名までの講習になります。

 図書館で使用していたパソコン11台をお預かりしました。
  図書館のパソコン更新で使わなくなった今までのノートパソコン11台を、すずかのぶどうでお預かりし、活用することになりました。
  これからは公民館、市民館などでの講習依頼は、パソコン持込でできますので、今まで設備がなくて講習が出来なかった施設でも企画頂けるようになりました。 気軽にご相談下さい。

               
  

当サイトは内容の無断転載・複製・コピーを一切禁止しております